2011年02月15日

イスラエル警察が殺人事件被害者のエルサレムでの埋葬拒絶

2011年02月14日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル当局は、金曜日にエルサレムで殺害されたパレスチナ人の遺体返却をまだ拒絶していると、犠牲者の親類は語った。

 フッサム・ルウェイディ、24歳は、金曜日朝早く、エルサレム都心で、超-正統派ユダヤ人暴徒により刺殺された。

 犠牲者のいとこ、フィラス・バイドゥーンは、月曜日、イスラエル警察が、葬儀の手配について議論するため、ルウェイディの父親、フセインに、エルサレムのロシア複合施設尋問センターに出頭を命じたと語った。

 イスラエル警察は、フセインに、彼の息子の遺体がカランディア検問所に運ばれ、彼は、エルサレムでなく西岸に埋葬されなければならないと告げたと、バイドゥーンは語った。

 肉親を失った父親は、条件を拒絶したとバイドゥーンは付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:イスラエル指揮官が殺人被害者の葬儀を拒絶(02月14日)


posted by mizya at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。