2011年02月18日

エジプト職員:ラファ検問所は協定後本式に開かれる

2011年02月15日

カイロ、(PIC)-- エジプト上級官僚は、包囲のガザ回廊とのラファ国境検問所が、その安全措置を講じた後、正常基準で間もなく開かれるだろうと語った。

 これは、「人類の友」国際組織が、これに関し、エジプト軍上級協議会に、個人と商品の移動にラファ検問所を開き、まだ地元刑務所にいるすべてのパレスチナ人拘束者を解放するよう促す書簡を送って、現れた。

「人類の友」は、火曜日、声明で、ガザ住民は60カ月封鎖下にあり、通常に生活することも、爆撃された家屋や構造物の再建も不可能で、エジプト政府当局は、現在、ガザ住民の人道的必要を考慮に入れるよう要請されると述べた。

(略:続くのはハーンユーニスのムバラク子ども病院の名称変更、広場の名前からアッタフリール病院になると)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。