2011年02月18日

ライス:「論争の余地ない」イスラエルの合法性

2011年02月15日火曜日

米国キャンペーンは、わたしたちが1週間前に着手した署名活動で、この結果との闘いを試みてきた。ここでまだ請願に署名できる

Jordana Horn -- Jerusalem Post

国連(米国)使節は、米国が「イスラエルの合法性を少しずつ削る」試みへの「反対の前面」を続けると語る。

(略:エルサレム・ポストは米国のイスラエルへの忠誠を高らかにうたっているだけだから)

全文:End the Occupation

 イスラエルの入植地建設を止めるよう求める国連決議に、米国が「拒否権」を行使すると脅して国連で議題としないよう画策している。賛成票を投じるよう米国に求める署名活動で、目標がたった1万人なのに、その目標にまだ届かない。わたしはアーカイヴの記事掲載の時、署名を済ましている。米国人である必要はないので署名を。
 イスラエルの入植地建設に反対を唱えながら、国連ではその表明を拒否する。米国に受け入れ可能な文面としたにも拘らず... イスラエルの非合法行為を黙認することこそが「イスラエルの合法性を」失わせていると気づかないなら、舌足らずで申し訳ないけれど、馬鹿だ。

アーカイヴ:イスラエル入植地に関する国連決議を支持するよう米国に告げよう(02月08日)


posted by mizya at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。