2011年02月18日

軍がパレスチナ議員のエルサレムの家屋に乱入

2011年02月16日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル軍の諜報部隊は、水曜日、エルサレムの議員、アフマド・アットゥーンの家屋に乱入、彼の兄弟、ジハードといとこを拘束した。アットゥーンは、他の選出議員や官僚同様、エルサレムからの追放に脅かされる。

 彼は、軍隊が水曜日午後、彼の家と父親の家を攻撃し、建物2棟の家具や所有物を破壊し、すべてのコミュニケーションを切断したと語った。

 議員は、攻撃を「イスラエル軍の犯罪的性向を映し出すのみの残忍な行為」と評した。

 被占領西岸のハマース運動と提携する議員は、攻撃を酷評し、すべての攻撃と暴力にも拘らず、イスラエルは、選ばれた閣僚や政治指導者たちを市から追放するという目標達成に行き詰まっていると述べた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イスラエルがパレスチナ立法府メンバー(国会議員)を標的にし続ける(01月15日)


posted by mizya at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。