2011年02月23日

パレスチナ自治政府がエルサレム観光会議をボイコットするよう世界に促す

パレスチナ観光大臣は、会議に招待された30ヵ国に、公式使節派遣は、エルサレムのイスラエルの首都としての承認を構成すると述べる書簡を送る。キャンセルはまだ報告されていない。

Ronen Medzini
2011年02月21日

(本文翻訳省略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:8ヵ国がOECD観光会議欠席(2010年10月24日)

 懲りないね、イスラエル。


posted by mizya at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。