2011年02月24日

受難者となったフッサム・ルウェイディの最後の瞬間

2011年02月20日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- ムラード・ハデル・ジューラニは、2月11日西エルサレムで、彼らが右翼イスラエル過激派の若者グループにより襲撃された時の、フッサム・ルウェイディの人生、友人の最後の瞬間を思い浮かべた。ナイフによる攻撃が、ルウェイディの死とジューラニの重傷をもたらした。

 ジューラニは、西エルサレムキング・ジョージ通りで、ルウェイディと彼に、彼らがアラブ人か否かを問う若いイスラエル人2人が近づいた攻撃の日、2月11日を思い浮かべる。ルウェイディとジューラニは彼らを無視し、若者2人が、見えない鋭い道具で彼らに激しく襲いかかかろうとしたその間際、刃とはっきり確認した。ジューラニは、耳の間の深い裂け目から出血しているルウェイディの顔を見た。別の若いイスラエル人5人が、次にふたりを取り囲み肉体的に襲撃した。

 ジューラニは、助けを求め、近くのレストランにルウェイディを引いていくことができた。ルウェイディの顔の血を拭うため、ジューラニに紙ナプキンを手渡したひとを除いて、イスラエルの客たちの誰もふたりを手助けしようとはしなかった。ジューラニはそこで、彼自身、警察に電話をすることができ、そこで、事件の調査が開始された。

(略)

全文:Wadi Hilweh Information Center - Silwan

アーカイヴ:イスラエル警察が殺人事件被害者のエルサレムでの埋葬拒絶(02月15日)
posted by mizya at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187504141
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。