2011年02月24日

イスラエルメディアはエルサレムでのアラブ人若者殺害で人種差別動機から傍観したのか?

 先週、エジプトから放射する革命の歓声のただ中で、イスラエルのユダヤ人グループが、西エルサレム中心でパレスチナ人を攻撃し殺した。24歳のパレスチナ人、フッサム・ルウェイディは、仕事から家に向かっている時「アラブ人に死を」と叫ぶ国粋主義ユダヤ人若者グループにより殺された。イスラエル政府は、エルサレム、イスラエルと西岸のパレスチナ人からの暴力的反応を恐れ、即座にこの事件の報道管制を敷いた。報道管制がいったん解除されると、高級イスラエルメディア媒体は「酒の喧嘩が悪く展開」とする話を報道した。攻撃の後に犠牲者たちを助けたエルサレム住人によると、彼らのどちらも飲んでいなかった。


aicvideo

 Alternative Information Centerは、聖都での殺害と人種差別についてヴィデオ報告を掲示した。 エルサレムを訪問したことがある誰も、攻撃が起こった通りを、市への生得権旅行と旅行者たちのグラウンドゼロと認識するだろう。

更新:15:11
 この断片が掲示された時点で、Ynetは、若い入植者4人が、犯罪との関与で逮捕されたと報じた。話は、今日14:44に掲示され、現在、ヘブライ語のみだ。ここで見ることができ(ヘブライ語が読める方は原文からアクセスを)、いかなる新たな主要な展開も、それらが起こったなら、掲示するつもりだ。

原文:Joseph Dana

 最初このニュースが報じられた時、何と曖昧な記事だろうと思ったが、そうか、報道管制が敷かれたのだ。というわけで、アーカイヴはその最初の記事。

アーカイヴ:メディア:イスラエル人たちとの口論でパレスチナ人が殺戮される(02月13日)


posted by mizya at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。