2011年02月25日

ガザ封鎖解除はエジプトの若い革命の最優先

2011年02月23日水曜日

 1月25日のエジプト革命の若い参加者たちは、パレスチナ情報センターに、エジプトは圧政的政権から解放され、ガザ封鎖を破ることは彼らの優先リストで高いと語った。ホスニ・ムバラクを追い出すのは困難だったが、それはただ革命の始まり、終わりではないと、彼らは語った。タフリール広場で、ムスリムとクリスチャンを含む;エジプト社会のすべてのセクション、左派とムスリム同胞団メンバーが連合したと、彼らは付け加えた。

(略)

全文:Middle East Monitor

 エジプト革命を担った若者たちの思いに心打たれるが、問題は山積している。関連記事は前エジプト政権の影がまだ堅固に影響する例。

関連記事:「ガザ住民何百人もがエジプトの制限のため多くの国際空港で立ち往生」The Palestinian Information Center

2011年02月24日

ガザ、(PIC)-- パレスチナ人乗客何百人もが、エジプトの外に足留めされ、彼らの苦痛は、そこからガザ回廊に戻るため、カイロ空港に空路戻る許可へのエジプト当局の拒否のため増幅される。

 消息筋は水曜日、パレスチナ人情報センター (PIC) に、パレスチナ人何百人もが、前エジプト政権が彼らの入国を断ったので、ガザに戻る旅が出来ないできたと語った。

 彼らは、いくつかのケースで、エジプト当局が、パレスチナ人乗客を彼らが乗ってきた同じ飛行機で送り返し、他のものたちは、この点については命令との口実で、エジプト航空のチケットを手に入れることができなかったと付け加えた。

 情報筋は、以前、仕事や教育、治療といった多くの目的でガザの外に旅した乗客が、今や、異なる国際空港に張り付けられると、特に言及した。
(略)

     「エジプト:パレスチナ囚人がハンがストライキ5日目」Ma'an News Agency

2011年02月25日

ガザ市 (Ma’an) -- エジプト刑務所に拘留されているパレスチナの男24人の親族は、親類たちは、約束された釈放の遅れで開始されたハンガーストライキの5日目に入ったと語った。

 家族たちにより発表された声明は、拘留者たちは政治囚であり、新エジプト指導層の下で解放が約束されたと述べた。
(略)


posted by mizya at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。