2011年02月26日

マドリードがイスラエルの訪問に禁止を促し抗議

2011年02月25日金曜日

スペインの何百人ものデモンストレータが、テルアヴィヴ政権によるガザ封鎖の即座の解除を求めて、イスラエル大統領、シモン・ペレスの訪問に抗議した。

 人権組織とマドリードに住むパレスチナ人は、木曜日、EUが、政権に経済制裁を課すよう、またイスラエル企業をボイコットするよう求めて、外務省前に集まった抗議者たちの中にいた。

 抗議者たちはまた、ペレスが法廷で証言し、昨年5月のガザ行き自由小艦隊への致命的イスラエルの攻撃と、パレスチナの人びとに対する人権への大規模違反の責任を負わせるよう要求したと、Press TV特派員は報告した。

(略)

全文:Press TV


posted by mizya at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。