2011年02月27日

SILVIA CATTORI:ギルアド・アツモンへのインタヴュ-あからさまに語る

2011年02月26日土曜日
GILAD ATZMON

cattoriatzmon.jpg

 ギルアド・アツモンは、際立ってチャーミングな男だ。彼は、音楽評論家により、しばしば最もすばらしい現代ジャズサクソフォーン奏者のひとりと評される。しかし、アツモンは単にミュージシャンというばかりでない:中東の出来事に続くそれらで、彼はイスラエルの反対者の中の最も確かな声のひとつと考えられている。ここ10年、彼は、容赦なく野蛮なイスラエル政策を暴露し、糾弾してきた。彼のバンド、オリエントハウスアンサンブルとのヨーロッパ春のツアー、“The Tide Has Changed“「潮流は変わった」出発直前、彼は、Silvia Cattoriに話した。

Silvia Cattoriジャズミュージシャンとして、あなたが生まれた国に対し、あなたの民族に対し、あなたに、ペンを武器として使わせるのは何でしょう? 

ギルアド・アツモン:何年間も、ぼくの音楽と文章は統合されることがなかった。17歳の時、ぼくはミュージシャンになり、24歳の時、職業として始めました。イスラエルに済んでいた頃、ぼくは、政治に関わらなかったか、興味を持っていなかったけれど、ぼくは、イスラエルの傲慢な戦争にとても反対だった。ぼくは、ともかくも左派に共鳴したけれど、後に、イスラエルの左派に関してぼくが理解し始めた時、それが信じると主張した何ものにも同意する自分を見出せず、そしてそれは、パレスチナで行われていた犯罪にぼくが気づいた時です。

 ぼくにとって、イスラエルが和解に向かう、あるいは地域の調整さえ目指していなくて、パレスチナ問題を完全に退けたとわかったので、オスロ合意がその終わりだった。その時ぼくは、イスラエルを離れるべきと理解しました。 それは政治的判断でさえなかった - ぼくはただ、もうイスラエルの犯罪の一部でありたくなかった。1994年に、ぼくはイギリスに移り、哲学を学んだ。

(略:とても面白いけれどとても長いので)

全文:Gilad Atzmon


posted by mizya at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。