2011年03月02日

イスラエルによるガザ攻撃 - 4題

パレスチナ人労働者がガザ北部で射殺

2011年03月01日

ガザ市 (AFP) -- イスラエル軍が、月曜日、沿岸飛び地の北国境沿いで、ガザのパレスチナ人労働者を射殺したと、パレスチナ医療関係者はAFPに語った。

 医療関係者は、男の遺体が正午過ぎ間もなく運ばれたとMa'anに語った。

原文:Ma'an News Agency

イスラエルの砲弾発射によりラファでひとり負傷

2011年03月01日

ガザ市 (Ma’an) -- イスラエル戦車からの発砲は、月曜日、ガザ南部国境近くで少なくとも男ひとりを負傷させたと、目撃者たちはMa'anに語った。

 イスラエル戦車が、ガザ国際空港近くに砲弾何発かを発砲したと、報告は述べた。

 ガザ緊急業務報道官、アドハム・アブ・サルミーヤは、男ひとりが軽傷を負って、ラファのアブ・ユーシフ・アンナジャール病院に運ばれたと認めた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

イスラエル空爆がパレスチナ人に命中

人口密度が高い沿岸地域に対する再開されたイスラエル爆撃作戦でひとりが殺された。
2011年02月27日

2011227194929347150_20.jpg
パレスチナ人の自転車が、2009年のイスラエルのカストリード作戦で損傷したガザ市モスクを通り過ぎる [GALLO/GETTY]

 ガザ回廊へのイスラエルの空爆で、パレスチナ闘士が殺戮され、ふたり目が負傷したと、パレスチナ医療関係者は語った。

 日曜日の攻撃は、赤児とパレスチナ人男性が負傷した土曜日のイスラエル戦闘機により遂行された一連の爆弾空襲に続いたと、Reuters通信社は報じた。

(略)

全文:AlJazeera

被占領パレスチナ:イスラエル占領軍がベイトラヒヤ北部でスクラップを集めるパレスチナ市民を負傷させる

Source: Al Mezan Center for Human Rights
2011年02月26日

2011年2月26日土曜日午前11時40分頃、イスラエル占領軍 (IOF) は、ガザとイスラエルの国境フェンス近くの破壊された構造物からスクラップや瓦礫を集めていたパレスチナ市民集団に発砲した。集団は、IOFが彼らに発砲した時、北部ガザ地区、ベイトラヒヤ北西の撤退した入植地、Eli Sinaiに近い国境フェンスからおよそ300メートルにいた。その結果、ハーリド・モハメド・ムスタファ・アル-フスーミ、36歳は、右足に骨折の負傷を負った。カマル・オドゥワン病院の医療関係者は、彼の負傷を深刻と説明した。その場所にいた他の市民たちは、怖れて仕事を離れた。

原文:Relief Web

 マスメディアが報道しないガザの日常を時には...


ラベル:ガザ回廊
posted by mizya at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。