2011年03月06日

ネタニアフは西岸の40%をイスラエル支配下に置きたい

2011年03月05日
MOHAMMED MAR'I

ラマッラ:パレスチナ上級職員は、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフが、長期間、西岸の40パーセントをイスラエル支配下に保持すると要求したと、金曜日、語った。

 ネタニアフが、パレスチナ大統領、マフムード・アッバスに、イスラエルが和平協定の一部として、西岸領域のこのパーセンテイジ欲しいと告げたと、ファタハ中央委員会メンバー、ナビル・シャースは、「パレスチナの声」ラジオとのインタヴュで語った。

(略)

全文:Zawya

 ネタニアフは相変わらず井の中の蛙、そのような要求はシオニストにしか支持されない。世界人口に占めるシオニストはささやかなもの、非-シオニストが殆どで、反-シオニストだってシオニストよりは多いとわたしは思う。


posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。