2011年03月07日

世界社会フォーラムがパレスチナ連帯を実行に移す

Stefan Christoff
The Electronic Intifada
2011年03月02日

 活動家何万人もが、2月の2011年世界社会フォーラム (WSF) のため、セネガルのダカールに集まった。イスラエル・アパルトヘイトに対するパレスチナ解放の努力と増加するグローバルな不買・脱資・制裁 (BDS) 運動に関する一連のプレゼンテーションを含む、世界中の社会正義の闘いに関する何百もの研究集会や会議が、ダカールのCheikh Anta Diop大学で開かれた。

 世界中の活動家たちは、3月30日のパレスチナ「土地の日」のグローバル行動の日に向け取り組むグローバルBDS運動の会議、研究集会、戦略的会合を開き、パレスチナのグローバル・フォーラムは、WSF行程の中で、来る何年かに開催される。

 Alternative Information Center (www.alternativenews.org) のパレスチナ活動家、アフマド・ジャラダは、過去10年間、WSF行程に関わってきて、グローバル・フォーラムの国際調整委員会の一員である。The Electronic Intifada寄稿者、ステファン・クリストフが、グローバル反資本主義会議10周年のダカールのパレスチナ民衆集合テントの外で、ジャラダと話した。

(インタヴュ翻訳省略)

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:BDS:BDSアクションデー - 2011年3月30日(02月27日)


posted by mizya at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。