2011年03月07日

イスラエルが破壊費用でベドゥイン村人たちを訴える

2011年03月04日金曜日
David Steele

Alternative Information Centerは、イスラエルが、彼らの家屋破壊の経費のため、ネゲヴ砂漠のベドゥイン村、アル-アラキブ住民を訴える計画をしていると報告する。

 アル-アラキブは昨年、JNFと保安部隊により、18回破壊された。国家代理人事務所が、百万シェケルを超えると見積もられるこれらの破壊経費で、住民を訴える準備中と報告される。村は、イスラエル国家により承認されておらず、1948年のイスラエル建国以来、承認のため進行中の闘いを闘ってきた。

 村人たちは、オスマン帝国時代にまで遡る土地権利証や税金を支払った領収証を持っているにも拘らず、イスラエル当局は、これらを有効と受け入れない。アル-アラキブの運命は、イスラエルの、ことさらネゲヴに住む大多数、ベドゥインコミュニティの、より大きな問題を示している。

 ベドゥイン11万人以上が、イスラエル国家自身より著しく前から - アル-アラキブのような多くの、いわゆる「未承認村」に住む。未承認の村々は、とりわけ、上下水道業務、電気、道路、教育供給などの、国家が承認の入植地に提供する業務の権利を与えられていない。

 アル-アラキブのような村々の問題は、JNFの作戦「ネゲヴ計画」が続く時、激化しそうだ。アル-アラキブは、そこでのJNF植樹作戦を容易にするため破壊されている。

原文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:「福音主義者」による支持のユダヤ民族基金 (JNF) がネゲヴに植林(2010年11月21日)


posted by mizya at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。