2011年03月10日

イスラエルがエルサレムの通り名をヘブライ語に変える

2011年03月08日

被占領エルサレム、(PIC)-- 社会的・経済的権利のためのエルサレムセンター、調査・記録部は、パレスチナ聖都のイスラエル市議会が、最近、旧市街の路地と通りのいくつかをアラブ名からヘブライ名に置き換え始めたと語った。

調査・記録部は、市議会のイスラエル公務員が、エルサレム旧市街、バブ・アル-ジャディード通りのパレスチナ人家屋の壁に、その通り名をDer Bacillusとする標識を据え付けたと付け加えた。

調査・記録部は、このイスラエルの行為は、個人的資産への襲撃であり、エルサレムの歴史の著しい歪曲と考えられると強調した。

原文:The Palestinian Information Center

 国連公用語のひとつ、アラビア語を使用するのは4億人ほど、翻って、古代ヘブライ語からつくり出されたイスラエル語を使用するのは600万人ほど、困るね、アラビア語のアルファベットなら読めるけれど、イスラエル語はマイナー過ぎて、アルファベットだけでさえ学ぶ気にもなれない。


posted by mizya at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。