2011年03月11日

イスラエルが過去2カ月でエルサレムの子ども80人以上を拘束

2011年03月05日土曜日

人権センターは、イスラエル占領当局が、過去2カ月で、エルサレムの子ども80人以上を拘束してきたと明らかにした。エルサレム社会経済研究センターの調査・記録ユニットは、「これら子どもと未成年者の殆どは、旧市街同様、エルサレム郊外、シルワン、エル-アムード、エイササウィーヤ、シュアファト(難民)キャンプ」と断言する。彼らは逮捕と拘留にあわせられると主張される。これら未成年者40人以上は、シルワンのみからくる。

センターは、イスラエルが、彼らを逮捕する、彼らの家から追放する、パレスチナ人家屋と地区に頻繁な襲撃をすることに加え、悩ませ、エルサレムの未成年者に自宅軟禁を課してきたと強調した。

最新報告は、秘密ユニットが、シルワンの子ども9人を拉致し、彼らを、殴打、拷問、威嚇に曝したと言及する。 彼らはまた「尋問と拘留の間、虐待され」、彼らの釈放で「自宅軟禁に置かれた」。

子どもたちは「イスラエル兵士や(武装した違法)入植者らに石を投げた」として拘留された。報告は、ユダヤ入植者らやそのガードらが、ことさらシルワンで、子どもや未成年者拘留に一役買っていると付け加えた。

原文:Middle East Monitor

関連記事:「『彼らはどうしてぼくを犯罪者にできるの? ぼく10歳だよ』ムスリーム・オーデの苦況」Wadi Hilweh Information Center - Silwan
2011年03月06日日曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) -- 10歳のムスリーム・オーデは、今日、3月6日、イスラエル警察により、調査のためエルサレム警察署に呼び出された。オーデは、今年2月28日、他のパレスチナの子ども4人と共に、シルワンのアル-ブスタン地区の家の近くで拉致された。

مسلم-عودة.jpg

ムスリームは、警察署に到着する前でさえ、イスラエル係官らに激しく殴打され、その日捕われた少年5人の最悪を被った。殴打は、彼の顔と手に、蛮行の明確な標を刻印した。警察署に到着した際、ムスリームは肉体的に酷く気分が悪く、何度も吐くのを止めることができず、西エルサレムのHadassah Ein Karem病院に運ばれることになった。医師は、子どもが、頭蓋骨骨折と身体のいたるところ、厳しい打ち身を被っていると見いだした。

警察は、その同僚によるムスリームを破壊する蛮行のため、尋問を続けることができなかったので、彼らは調査のため、今、再び、彼を呼び出した。彼は、ムスリームがこの罪で逮捕される7回目となる - 投石で告発されている。

(略)

イスラエルヴァージョン:「パレスチナ少年が警察が彼を殴打したと主張」Ynet news.com

東エルサレムで投石で捕らえられた11歳の少年は、頭と腹に外傷を負う

Omri Efraim
2011年03月03日


posted by mizya at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。