2011年03月22日

パレスチナ:ガザへのイスラエル空襲で3人が殺される

2011年03月16日

パレスチナ医療職員は、イスラエルが、ハマース統治回廊の治安複合施設にミサイル2機を発射し、ガザのイスラエル入植地、ネッツァリムだったところに命中したと語る。

Avi Issacharoff, Anshel Pfeffer and News Agencies

イスラエル軍用機は、水曜日、ハマース統治のガザ回廊の治安複合施設にミサイル2機を発射、パレスチナ人3人を殺し、4人を負傷させたと、パレスチナ医療職員は語った。

イスラエル軍は、ガザ中央のテロ標的2カ所に打撃を与えたと語り、空爆を認めた。空爆は、明らかにその日早い、死傷者も損傷もなかった、スデロットに着弾したロケットに触れ、イスラエルへのロケット弾発砲の応答として現れた。

匿名を条件に話したハマース職員は、空爆がガザ市南部のハマース治安施設を標的としたと語った。ミサイルはどうやら、2005年、イスラエルが領域から撤退し、入植地すべてを引き上げる前のガザのイスラエル入植地、ネッツァリムだったところに命中した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:目撃者:空爆がガザ中央を標的(03月06日)


posted by mizya at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。