2011年03月22日

イスラエルが1948年占領の土地の家屋からアラブ人13家族を強制退去

2011年03月16日

ナザレ、(PIC)-- イスラエル裁判所は、パレスチナ人13家族の、1949年に占領された土地、Dahmash村の彼らの家屋からの排除を要求する、イスラエル土地公社により提出された訴状を承認した。

情報筋は、イスラエル裁判所が、60人で構成されるAbu Kishk家の家屋(複数)を破壊する決定を発布したと語った。

このステップは、1948年に占領された土地のパレスチナ人に対して続行される、イスラエルのユダヤ化及び民族浄化政策の一部である。

裁判所は、その家族や彼らの弁護士の立ち会いのないまま、その決定を下した。

(略)

Abu Kishkの家々は、1948年以前に建設され、歴史的にDahmashの宮殿として知られている。

全文:The Palestinian Information Center

 東京電力がその供給範囲外の福島・新潟を原発基地とし、福島県民を放射能汚染の危機にさらしていることを、どのような記事を読んでも考えてしまう。危ういのは供給範囲である関東圏も免れないし、既に、関東圏の野菜は摂取すべきでない放射能値を示している。国と東京電力に課されるであろう何兆円、あるいは何十兆円にも達する賠償金を考えるなら、国にとっても電力会社にとっても、原発は経済に見合うものではないだろう。
 そして、パレスチナ人に賠償しなければならなくなった時、イスラエルは滅びざるを得ないだろう。


posted by mizya at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。