2011年03月22日

イスラエルが行方不明のパレスチナ人拘束と語る

国はウクライナで拉致した42歳のパレスチナ人技術者が獄中で尋問されていると語る

Ynet
2011年03月20日

イスラエルは、日曜日初めて、1カ月以上前、ウクライナで行方不明となった42歳のパレスチナ人技術者を拘束していると認めた。 国は、ディラル・アブ・シシを尋問するため拘留してきたと語った。

(イスラエルの)自白は、Petah Tikva行政裁判所が、事案に課された緘口令を部分的に解くと決定して現れた。

3月10日、国連は、アブ・シシ拉致でイスラエルを非難した。ウクライナ内務省報道官、Viktoria Kushnirは、彼が2月19日の早い時間、東部の都市、ハルキウから首都キエフ行きの列車に乗った後「知られざる状況下」で行方不明になったと語った。

(略)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:モサドがウクライナでガザ技術者を拉致、現在イスラエル刑務所で監禁(03月06日)


posted by mizya at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり、モサドがやったんですね。こんな不法行為は許されてはならない。ロシアは、国交断絶すべきでしょう。アメリカと違うところを是非見せてほしい。
Posted by pepita at 2011年03月23日 22:25
pepitaさん、コメントをいつもありがとうございます。勇気づけられます。東京電力の原発事故はおさまるまでに時間がかかりそうですから、気を取り直してこのブログに戻ります。
行方不明の記事を読んだ時、モサドの仕業と思いました。モルデカイ・ヴァヌヌの拉致以来、モサドの手口として「拉致」はわたしの中に刷り込まれたので。
Posted by mizya at 2011年03月25日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。