2011年03月27日

ウクライナで謎の失踪のパレスチナ人はまだイスラエル

Kareem Khadder and Dan Morgan, CNN
2011年03月25日

t1larg.sisi.m22.gi.afp.jpg
ディラル・アブ・シシのパレスチナ人親類がイスラエル刑務所からの彼の解放を求める火曜日のガザのデモンストレーションに参加

エルサレム (CNN) -- スパイスリラーのように読める展開の物語の最新章で、1カ月以上前、ウクライナで、イスラエル諜報機関により拉致されたとされるパレスチナ人技術者は、イスラエル裁判所判決の後、少なくとももう1週間拘留に留め置かれるだろう。

謎の状況下、イスラエル刑務所で30日以上も留め置かれた後、ディラル・アブ・シシの投獄は、Petach Tikvah裁判所の裁判官が、木曜日、国家が彼に対する証拠を提示するため、イスラエル政府のアブ・シシ拘留継続要求を認めて、少なくてももう1週間持続するだろう。

「この要求は、イスラエルが、34日間の尋問の後でさえ、イスラエル法下のいかなる犯罪でも、ディラル・アブ・シシを告発するに足る証拠を持たないと意味し、このような状況下、わたしたちは、彼は釈放されるべきと主張する」と、アブ・シシの弁護士、Smadar Ben-Natanは、彼の出廷の後、CNNに語った。

(略)

「わたしたちは、一般的にのみ、容疑について知る。尋問資料は、まだわたしたちに明かされておらず、その上、箝口令もまたある」と、木曜日、ガザ技術者が出廷した後、Ben-Natanは語った。

(略:アーカイヴ参照)

アブ・シシの妻はウクライナ出身で、カップルは、1月27日、国に旅行した。彼の妻と弁護士によると、アブ・シシは、ガザからの移住を計画していて、自身と子ども6人の居住を申請していた。

「彼は以前ウクライナにおり、ウクライナに居住を求め、留まる計画をしていた」と、Ben-Natanは語った。

彼の妻ヴェロニカは「わたしは、わたしの書類作業すべてと子どもたちのを終えたのでガザに戻り、夫は彼の書類作業を続けるためキエフに残った」と語った。

彼の失踪後すぐ、妻はウクライナに戻り、夫を探したが、当局への彼女の嘆願は、馬の耳に念仏だった。

「わたしは手を尽くした;わたしはどんなオフィスも省かなかった。わたしは所長から法律家まですべてに会い、皆が同じこと、彼らは何も知らないとわたしに言った」とヴェロニカ・アブ・シシは語った。

アブ・シシを拘留しているというイスラエル政府の公式の白状の前に、ウクライナ内務省は、行方不明の技術者を賢明に探していると語った。

(略)

夫探しの無数の試みの後、家族が最初考えたように、彼がウクライナにより捕らえられているのでないと明確になったと、アブ・シシ夫人は語った。ひとたびそれが除外されると、彼らの疑いはイスラエル諜報機関の上に落ちた。

(略:アーカイヴ参照)

ガザを拠点とする人権機関、パレスチナ人権センター (PCHR) によると、その弁護士のひとりは、3月20日、アブ・シシが彼の拉致の事情について話した、イスラエル、アシュケロンの刑務所でアブ・シシに会った。

「アブ.シシは、ふたりが軍服を着けた3人が、アムステルダムにいる兄弟、ユーセフに会うことになっていた列車の彼の部屋に入ってきたと語った。彼らはパスポートの提示を求めたが、彼は拒否した。すると彼らは、彼を脅し、力ずくで彼のパスポートを奪った」と、PCHRの会話の記録に読める。

「彼らは、ポルタヴァ駅近くで彼を降ろした。この時彼は、手錠をかけられ、ずきんを被せられていた。彼は車でキエフに輸送された。キエフに着くと、イスラエル外国諜報機関、モサドメンバーと自己紹介した他の6人がいたアパートに収容された」。

(略:長くてなかなか終らない、わたし自身は読んでしまったし)

全文:CNN

関連記事:「裁判所がイスラエル刑務所に拘留のガザ技術者の再拘留延長」Haaretz.com
2011年03月24日

外国メディアによると、ガザの元上級技術者、ディラル・アブ・シシは、ウクライナでイスラエル治安部隊により逮捕された。
Yossi Melman

(本文翻訳書略)

アーカイヴ:イスラエルが行方不明のパレスチナ人拘束と語る(03月22日)

 スパイごっこが大好きな、このイスラエルが医療部隊をニッポンに送るという。何だかね、諸外国に、アパルトヘイト国家でなく「普通の国」と売り込みたいイスラエルに、受け入れたニッポン政府は利用される訳だ。大震災から2週間、被災地で、負傷者の治療は既に終っている筈だから、軍隊の医師団が今頃やってきて何をするおつもりだろう。


posted by mizya at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。