2011年03月27日

ガザの子どもたちが日本支援で集合

2011年03月25日金曜日

122571_345x230.jpg

ガザ市 (Ma'an) – 子どもたちは、木曜日、日本の壊滅的地震の犠牲者たちに連帯してガザ市に集まった。

子どもたち100人以上が、2万5000人以上が亡くなったか行方不明の日本への彼らの支援を示すため、アル-ナワル教育センターの外でバナーとスローガンを掲げた。

ヌール・ブレイフ、11歳は「わたしたちは、日本の子どもたちすべてへの愛と、彼らに起こったことでわたしたちは悲しいと告げるメッセージを送るために、ここに立っています」と説明した。

一方、12歳のハヤ・アル-カサスは、ガザの子どもたち何百人もがイスラエル軍により殺戮された、2008年12月のイスラエルの壊滅的攻撃で、ガザ回廊住民への日本の支援を思い浮かべた。

「日本の子どもたちは、わたしたちがイスラエルの戦争で攻撃された時、わたしたちにとても優しかった。彼らはわたしたちを支援してくれ、今、彼らを支援し、神が助けてくれるよう祈る、わたしたちの番」と、彼女は語った。

センター代表、アマル・フデイルは、生徒たちは、日本の子どもたちに、共鳴と弔慰を表わす電子メールをもまた送ったと語った。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。