2011年04月05日

イスラエル部隊が不可解なことに癌になる

2011年04月03日日曜日

イスラエル企業によるキション川への廃棄物処理のためとみられる、癌の高い発生が、イスラエルエリート海軍特殊部隊に発見された。

北部都市、ハイファで、地中海に流れる川は、Shayetet13として知られる部隊の訓練に使われたものだ。

プラスチック工業で使用される石油製品のイスラエル唯一のメーカー、Carmel Olefins Ltd.、および他の企業は、イスラエルで最も汚染された流れであるとして悪名高い、川の中にそれらの廃棄物を注ぐので非難されてきた。

メーカーは、キションでの長い水泳に続き、軍人らの癌の苦悩に関する文書、何千通も所持していた。

会社は、それらが弁護で使用されるよう、ニューヨークの専門家に書類を委託した。それらはしかしながら、謎の状況下、消えてなくなった。

原文:Press TV

アーカイヴ:イスラエルの有毒化学物質工場が西岸住民を癌にする(2010年11月22日)

 同様のことが、これからニッポンで起こる。長く続いた自民党政権のやり方は、因果関係が証明されないとして、賠償金支払いを拒絶する。ヒロシマ・ナガサキも、水俣病も、最近ではアスベストもそうだった。ふざけるな。ならば因果関係がないと、政府こそ、東京電力こそ証明せよ。誰もが放射能に苛立たされている筈、もう滅びるなら、言いたいことを言おう。


posted by mizya at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。