2011年04月13日

Al-Maqdesi:2011年が始まって以来エルサレムで200件の破壊命令

2011年04月12日
OCCUPIEDPALESTINE

被占領エルサレム、 (PIC)– Al-Maqdesi社会啓発基金は、イスラエル占領当局 (IOA) が、今年始まって以来、被占領エルサレムのパレスチナ人家屋に対して少なくとも200件の破壊命令を出していると語った。

報告で、Al-Maqdesiは、今年起こった、あるいは、東エルサレムで起こったイスラエルの違反のいくつかを強調した。

(略)

全文:Occupied Palestine

関連記事:「エルサレムのパレスチナ人居住権のイスラエルによる取消しに対する高裁請願」The Alternative Information Center

2011年04月11日月曜日
Tania Kepler for the Alternative Information Center (AIC)

イスラエルが都市でパレスチナ人永住権許可証取り消しを止めるよう要請する請願が、イスラエル高等裁判所に提出された。

HaMoked:イスラエル市民権個人と協会防衛センター (ACRI) は、4月7日木曜日、エルサレムのパレスチナ住民を代表して、内務省の永住権取り消し停止を要請する請願を提出した。

東エルサレムのパレスチナ人、膨大な大多数は、イスラエル永住者であるが、市民ではなく、彼らの都市に住む法的権利を失う常なる脅威下にある。HaMokedによると、近年、居住権取り消しにおける急激な上昇があり、2008年は、4,577件の取り消しが記録された。イスラエルの1967年のエルサレム併合以来、許可証取り消し総数の殆ど50%は、2006年から2008年の数年間に起こった。

イスラエルの法律は、外国で学んだり、外国人配偶者の国に住んだりすることを途方もないリスクとする、7年間不在のパレスチナエルサレム住民の居住権を無効とする。問題をつくることで(? - 原文参照)、エルサレムからわずか数キロのベツレヘムのような場所に住むことさえ、イスラエル当局により移住と考えられ、居住権無効の理由となる。

(略)


posted by mizya at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。