2011年04月15日

イスラエル大臣:米国はパレスチナ宣言に拒否権行使するだろう

2011年04月12日火曜日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル閣僚は、火曜日、国連安全保障理事会が、独立パレスチナ国家承認票決を決めるなら、米国が拒否権を行使するだろうと語った。

米国は、一方的ステップよりむしろ交渉を支持すると、イスラエルの大臣、Uzi Landauは、イスラエルラジオによる報道で語った。

パレスチナが国連で国家を発表するなら、イスラエルは、巨大入植地前哨基地のいくつかとヨルダン渓谷の併合を発表すべきと、彼は続けた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ネタニアフが『外交津波』を食い止めるため西岸撤退熟考」Haaretz.com
2011年04月12日

首相はまた、国連での一方的パレスチナの動きに対し、米国、EU、他の西側諸国を結集する外交イニシアティヴで他の動きを考えている。
Barak Ravid

ベンヤミン・ネタニアフ首相は、西岸からのイスラエル国防軍部隊の撤退と、9月の国連総会での1967年境界内のパレスチナ国家の国際的承認に続くかもしれない「外交津波」を妨ぐ一連の他の措置をはかりにかけている。

撤退の範囲はまだ不明確だが、現在のところ、ネタニアフは、入植地の撤退を考えていない。

(略)


posted by mizya at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。