2011年04月17日

ヨーロッパ・キャンペーン:イスラエル占領当局はガザ支援で世界を欺く

2011年04月15日

ブリュッセル、(PIC)-- ガザ封鎖終結ヨーロッパ・キャンペーン (ECESG) 組織は、木曜日、国連機関から、イスラエル占領当局が、ガザ回廊に建設資材を許可するとの情報を受け取ったと語ったが、そのような情報で、世界を欺くイスラエルを非難した。

「昨年の自由小艦隊 1から没収されたセメントと建設資材を許可する準備が整うと、イスラエル占領が国際社会に告げることは、わたしたちすべてが、それら資材が既に期限切れで、最早建設に使用できないと知っているので、単にメディア消費に過ぎない」。

昨年5月、イスラエル海軍は、殆どトルコとシオニスト実体間の外交関係の終わりをもたらすところだった「海の大虐殺」とその時評された、小艦隊を攻撃してトルコ人活動家9人を殺戮、他の何十人をも負傷させた。

ECESG報道官により発表された声明で、組織は、ガザ住民を助けるために国際的支援者たちにより運ばれた物資を受けとることができ、そして「適切な時期」に回廊に渡されると主張することにより世界を欺くシオニスト実体を非難した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「イスラエルは新小艦隊をガザに到達させるかもしれない」irishtimes.com

2011年04月14日木曜日
MARK WEISS in Jerusalem

イスラエルは、去年夏の、小艦隊参加者たちとイスラエル軍での衝突の繰り返しを避けるため、来月出航予定の自由小艦隊 2がガザに到達するのを許容しようと考えている。

エルサレムの外務省により作成され、ベンヤミン・ネタニアフ首相に提出された資料は、船団に、妨害なしにガザ到達を許すのをひとつのオプションとして示した。

(略)

 関連記事は、にわかには信じられない。イスラエルの外務大臣は相当にいかれている。「許容すると見せかけて攻撃しようと考えている」ということなら、さもありなんと思うけれど...

アーカイヴ:国連陪審団がイスラエルによる致命的小艦隊襲撃についてトルコに聞く(04月13日)


posted by mizya at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。