2011年04月19日

ガザ警察がアッリゴーニ殺害容疑者特定

2011年04月19日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ警察は、月曜日、イタリア人活動家でジャーナリスト、ヴィットリオ・アッリゴーニ殺害の主要容疑者として特定された男4人の写真を公表した。

(略)

先に逮捕された男ふたりは、直接殺戮に関与しなかったと、警察は語った。

(略)

アッリゴーニの母親は、イタリア紙、Agenzia Giornalistica Italiaに、息子の遺体を、イスラエル経由でガザから戻らせないと語った。

「イスラエルは、彼が生きていた時、彼を望まなかったし、死んでも望まないだろう」と彼女はAGIに語った。

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ガザ警察:アッリゴーニ殺人者のひとりはヨルダン人」The Palestinian Information Center
2011年04月18日

ガザ、(PIC)-- ガザ警察は、イタリア人活動家、ヴィットリオ・アッリゴーニの殺人容疑者のひとりが、ヨルダン国民と明かした。警察は、彼らが、アッリゴーニ誘拐と殺人の「最重要指名手配」と警告し、彼とその仲間ふたりの写真を公表した。

(略)

ジャーナリズムと活動を通してパレスチナ問題を支援し、ここ3年間、ガザに住んだアッリゴーニは、政府が彼の名誉にかけ軍葬を開催し、ガザで哀悼された。

警察、市民、職員、何百人もが、月曜日開催された葬儀で、怒りと哀しみに包まれる中「テロリズムに死を」と叫び、パレスチナとイタリアの旗を振った。彼の遺体は、ラファ国境検問所で彼の家族に引き渡されるだろう。

(略)

イスラエルは、3年ばかり遡る、Free Gaza支援輸送船団に乗船して活動家がガザに到着する前、アッリゴーニを西岸から強制送還した。

彼の死は、イスラエル政治家らが、この5月、ガザに到着が予定されるガザ支援小艦隊を含む親-パレスチナ活動を妨害する努力を引き上げた時、現れた。


posted by mizya at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。