2011年04月20日

法医学報告がガザへの攻撃での白リン使用を示す

2011年04月18日

ガザ、(PIC)-- ガザ法務省法医学局局長に任命されたイハブ・カヒルは、ガザ回廊に対するイスラエルの最近の攻撃で回収された遺体(複数)が、猛攻撃で使用された兵器を特定するため調査されたと語った。

「イスラエルによって犯された犯罪が、現実を霞ませるべきでないから、わたしたちは適切な医学報告を準備している。皆、イスラエルが犯した犯罪が何かを知らなければならない」と、カヒルは月曜日に記者声明で語った。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

先行記事:「イスラエル戦車がガザ北部で発砲開始」Ma'an News Agency

2011年04月18日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル軍戦車いくつかが、日曜日、ガザ北部に侵入し発砲を開始したと目撃者たちは語った。

負傷は報告されなかったが、作物を貫いて引き裂いた戦車のキャタピラ踏面で、畑が深刻な損害を被ったと、住民たちは語った。

日曜日早く、イスラエル軍艦は、ガザ海岸から出た漁師たちに発砲した。

(略)

     「イスラエル軍用機がガザ攻撃」Ma'an News Agency

2011年04月16日

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル軍用機は、土曜日の朝、ガザ回廊北部に空爆2発を発射した。負傷は報告されなかった。

地元筋は、砲撃が、ハマース武装部門、アル-カッサム旅団の、ガザ回廊北部、アッシャティ難民キャンプとやはり北部、ガザ市のザイトゥーン地区にある軍事基地2カ所を標的にしたと語った。

目撃者たちは、軍事基地の近くの家屋いくつかが損害を被ったと語り、地元住民たちは、軍用機や無人機が、包囲の沿岸飛び地の上をうろつき続けたので、更なる攻撃を恐れたと語った。

(略)

 停戦協定が成立したのかどうか定かでないが、陸海空からのイスラエルの攻撃は続く。まあ、いつも通り...


posted by mizya at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。