2011年04月22日

アッバス:イギリスとフランスはパレスチナ国家を承認するだろう

2011年04月20日

パレスチナ日刊紙、アル-アッヤームとのインタヴュで、パレスチナ大統領は、パレスチナ自治政府が、9月のパレスチナ国家設立を見るため、オバマのヴィジョンを果たそうと努めていると語る。

Avi Issacharoff and Danna Harman

パレスチナ自治政府大統領、マフムード・アッバスは、パレスチナは国家の準備が整ったが、パレスチナ自治政府は、一時的国境とするイスラエルの考えに同意しないと繰り返した。

パレスチナ日刊紙、アル-アッヤームとの談話で、アッバスはまた、パレスチナ自治政府が、中東調停者、カルテットにより決定された9月のパレスチナ国家設立を見たいと語った、米国大統領、バラク・オバマのヴィジョンを果たすだろうと語った。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「オバマの計画:帰還権なしのパレスチナ国家」Ynet news.com

ホワイトハウスは、パレスチナが帰還権をあきらめる、パレスチナ国家を受け入れるイスラエルに焦点を合わせる和平協定を作り出す。首相は、クネセトと米国議会に自身の和平案提出を計画する。

Yitzhak Benhorin
2011年04月21日

(本文翻訳省略:何しろイスラエルの希望的観測の段階、決定したことではないので)


posted by mizya at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。