2011年04月24日

国際組織と地元組織40以上が「市民平和業務ガザ」開始

2011年04月22日

2011年4月22日| Civil Peace Service Gaza

4月20日水曜日、11時30分 (現地時間) 、国際組織と地元組織40以上が、パレスチナ水域での潜在的暴力を報告する人権監視任務に着手した。

パレスチナ海域での国際的非暴力第三者機関、Civil Peace Service(市民平和業務)配備は、単一組織のイニシアティヴでなく、多くの(組織)努力でなされたプロジェクトだ。


safappa

それは、パレスチナ人漁師たちにより表明され、パレスチナ人権センターのような地元組織、国連の顧問的地位の組織、農業組合委員会などにより特定された必要性への応答として現れた。これらの集団は、オスロ合意 (1994) で確立された元来の20海里から3海里に縮小された、イスラエルにより課された制限域内でさえ、パレスチナ漁船が被る継続的攻撃を糾弾する。

任務を維持する船、オリヴァの着手は、民衆闘争調整委員会により組織された、ビリンのパレスチナ民衆闘争に関する第6国際会議の活動の一部だった。多くの国際・地元メディアがイヴェントを報じた。国連開発計画上級代表団、国際連合教育科学文化機関、ヨーロッパ領事館20以上が、進水式に出席した。

(略)

全文:International Solidarity Movement

アーカイヴ:ガザの「オリヴァ」: パレスチナ海域で人権監視する国際船進水(04月19日)


posted by mizya at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。