2011年04月24日

スバル:我々は車に衝突される子どもたちを見せる広告に関係ない

NADAV SHEMER
2011年04月22日

Japan Autoは、スバルがパレスチナの子どもたちに衝突するのを見せる広告を非難する;パレスチナ自治政府メディアセンターは、広告を「卑劣で恥ずべき」と言う。

ShowImage.ashx.jpg
Photo by: Courtesy

自動車メーカー、スバルのイスラエル輸入業者、Japan Autoは、パレスチナの子どもふたりが、著名な右翼活動家により運転された車に衝突される写真を使用し、パレスチナ当局によりメディアに配信されることになった広告創案の後ろにいるのは誰か分からないと語る。

(略)

全文:The Jerusalem Post

アーカイヴ(広告に使用されたオリジナル写真を含む):目撃証人:パレスチナの若者は狩り立てられる(2010年10月13日)

 素晴らしい「広告」、自動車メーカー、スバルにとってはなく、アパルトヘイト国家、イスラエルに輸出するスバル批判、スバルボイコットにとって。企業は、利益追求に専心するばかりでなく、社会的組織として倫理規定を持たねばならない。この「広告」は、イスラエルに輸出するということが意味することを余すところなく伝えている。脱帽。


posted by mizya at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。