2011年04月28日

そうでないと立証されるまでナブルス発砲は致命的ミステイク

11年04月26日

Ben-Yosef Livnatの死の調査が進行する限り、発砲を復讐されるべきテロ攻撃として扱うのは不適当だ。
Haaretz社説

ナブルスでのBen-Yosef Livnatの痛ましい死は、防ぎ得たかもしれない。初動捜査は、Livnatと彼の仲間が、彼らのパレスチナ自治区への旅を、イスラエル国防軍と調整せずにヨセフの墓を訪ねると決めたと示す。彼らは見るところ、パレスチナのバリケードを突破し、パレスチナ警察官は応答で彼らを撃った。

ユダヤ人礼拝者を含み、ヨセフの墓を訪ねたい人びとは、次には同様にパレスチナ当局と調整する、軍と調整しなければならない。これは、イスラエル国防軍の履行で維持されてきた、両党派間の警備協力の一部だ。それに違反する理由はなかった。

イスラエル国防軍は、事件を「非常に重大な災難」とみなすが、テロ事件とみなすわけでなく、そして当分の間、どのように扱わなければならないかということだ。そのような災難は前にも起こったことがある - イスラエル国防軍兵士らは、パレスチナ人に誤って発砲したことがあった。イスラエル警察官もまた、誤ってイスラエル(パレスチナ系 - mizya)市民に発砲したことがあった。

これは、イスラエル国防軍支配を超えた場所にあるユダヤの聖なる遺跡の複雑さの一部として、定められた運命としてそのような間違いを受け入れなければならないことを意味しない。迅速で細心な調査が、発砲に責任を負うのは誰かとか、調整されていない入域といったことばかりでなく、イスラエルとパレスチナ間の調整の調査や、別の死をもたらす事件を防ぐよう見つけ出すために必要とされる。

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「ヨセフの墓で埋葬されることになる」Crazy Country
2011年04月26日火曜日

ヨセフの墓。またも、ヨセフの墓。既に大変多くのイスラエル人やパレスチナ人の命を奪った、既に大変多くの苦痛をもたらした忌まわしい場所。パレスチナ都市、ナブルスの中心に、イスラエル入植地の足場確立を夢見るすべてを磁石のように引きつける場所。

もうひとつの愚かで不要な死。Ben Yosef Livnat、通称「Benyo」 - 入植者、Breslov Hasid(超正統派ユダヤ教宗派のひとつ)、イスラエル政府文化大臣のお気に入りの甥。わたしたちがこの数日に聞いたように、結婚し、彼自身おとなとして振る舞えないまま、この世に子ども4人をもたらした人。そして今や、決しておとなにならないだろう人。

(略)

兵士と検問所と殉教者

「彼らはいぶかしげに振る舞った。彼らは武力で検問所を突破しようとした。わたしたちは止まるよう叫び、彼らが止まらなかったので、わたしたちは空中に発砲したが、彼らは止まらなかった。わたしたちめがけて突進してくる車に発砲する他選択の余地はなかった」。

これら議論と口実は、ちょっとなじみ深く響く。前に聞いたのはいつだろう? 実際、一度以上。

検問所の兵士たちがイスラエル人で、彼らが射殺した車に乗る人がパレスチナ人の時、政府や軍最高指揮官の誰も、起こったことの兵士ヴァージョンついて、疑問を投げかけることは考えなかった。確かに、ヨセフの墓で踊ったBenyoの愛情深いおば、文化大臣、Limor Livnatも。彼女は、イスラエル国により、南はヘブロンから北はジェニンまで道路すべてのバリケードに配置された兵士らの言葉を疑ったことはなかった。彼らが発砲した時、確かにそれは必要で、誰かが殺された時、それは遺憾なことであり、明らかに他の選択肢はなかった。

パレスチナ検問所で、我らの文化大臣は、少し異なる方針を取る: 「わたしの甥は、パレスチナ警察官の外観を装ったテロリストにより殺害された、彼が過ぎ越しの祭り前日に祈りに行ったばかりに」と、今朝、Livnat大臣は語った。「Benyoは、完全に潔白な4人の父親で、彼は良いことをしたかっただけだ。彼は、イスラエルの土地のために命を捧げた殉教者、Shlomo Ben Yosefにちなんで名付けられた。今、Benyoは、同じ理由で彼自身の命を捧げた」。

(略:Shlomo Ben Yosefが、1938年4月21日、サファド近くでアラブのバスに手榴弾を投げ乗客を殺した、といった説明。ちなんで名付けられたBenyoもまた車で殺されることになり、彼ばかりでなく、イスラエルの市町村の通りにShlomo Ben Yosefの名が付けられているといったことなど)

誰の墓か?

「ヨセフの墓は我々のもので、それはユダヤ民族に属す。それは我々ヨセフの墓だ。我々は3000年前、犠牲であがないそれを買った。それは聖書に書き留められている。ユダヤ人すべてが、いつでも、そこに行き祈ることができるべきだ」。これもまた、今日、Limor Livnatにより述べられた。(略)
しかし、本当にそこに埋葬されているのは誰か?

(略:面白い、アイロニーに満ちた語り口も趣味に合う、が、長い)


posted by mizya at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。