2011年04月29日

写真:イスラエル大使館に抗議

2011年04月28日
Mosa'ab Elshamy

曾て、ムバラクの荒涼とした日々、抗議行動開催を許可されない領域、ギザのイスラエル大使館は最近、エジプトの若者により組織されるデモンストレーションのホットスポットとなった。

それらは何週間か前、ガザへの攻撃に対する応答で、タフリールから大使館に行進した自然発生的デモから始まった。彼らは、ガザ回廊の集団懲罰される市民への野蛮な攻撃を直ちに停止するよう、そしてイスラエル大使の追放とシオニスト国家との結びつきを断ち切るよう求めて結集している。

抗議者たちは「ここはパレスチナ大使館」と書かれたバナーを掲げ、パレスチナ旗を高く振った。

(略)

全文と画像13点:Kabab fest

関連記事:「エジプトの若者がパレスチナ支援の100万人行進呼びかけ」Middle East Monitor

2011年04月28日木曜日

パレスチナ支援での「100万人」行進呼びかけが、エジプトの革命青年連合によりなされた。5月13日、アレキサンドリアで開催される最初の行進はまた、食糧、医薬品と人道支援物資のためのエジプト-ガザ国境解放を要求するだろう;マーチャーズ(行進する人びと)は、市のイスラエル領事館に向かうだろう。

エジプト紙、アル-ショルークによると、イスラエルがパレスチナ人に対して使用する軍装備品製造に使用するので、エジプト政府にイスラエルへの天然ガス輸出を停止するよう要求することにより、抗議者たちは、シオニスト国家に圧力をかけるだろう。抗議者たちはまた、キャンプデーヴィッド合意の、シオニスト国家に向けた生得の情実を取り外す再吟味を求めるだろう。

(略)

おまけ:「世論調査:エジプト人の半数以上がイスラエルとの平和条約キャンセルを望む」Haaretz.com
2011年04月26日

米国拠点の世論調査会社によると、エジプト人の36パーセントだけが条約維持を支持する。

The Associated Press

月曜日に公表された米国拠点のPew調査センターによりなされた世論調査結果によると、エジプト人すべての半数以上は、1979年のイスラエルとの平和条約破棄を見たい。

世論調査結果によると、その廃棄を見たい54パーセントと比べ、エジプト人の36パーセントだけが、条約維持を支持している。

世論調査は、2月11日に追い出された元ホスニ・ムバラク大統領により厳正に信奉された、30年間の条約の深い不評に光を当てた。

(略)


posted by mizya at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久し振りのいいニュースありがとうございます。エジプトへの期待感がまた起きて来ました。
Posted by pepita at 2011年05月04日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。