2011年04月29日

ハマース-ファタハ和解、パレスチナ形式「アラブの春」

ふたつのライヴァル集団間の協定は、今や、イスラエル、米国、EUへの挑戦を引き起こすことができるパレスチナを強化するだろう

Ian Black, Middle East editor
guardian.co.uk
2011年04月27日水曜日

ファタハとハマース間の和解は、敵対と分裂が彼らを弱め、彼らの敵により利用されてきたパレスチナにとって歴史的偉業だ。

暫定政権形成と、来年の西岸とガザ回廊での選挙日を固定した協定はまた、エジプト仲介にとっても真実の勝利であり - 過去数カ月のカイロでの重要な改変が与えた驚きである。

しかし何よりそれは、2006年のパレスチナ選挙での衝撃的勝利以来、テロリスト組織として皆ハマースを避けてきたイスラエル、米国、EUへの挑戦である。

(略)

全文:guardian.co.uk

アーカイヴ:Rejoub:和解に達するなら封鎖するとワシントンがファタハを脅迫(2010年01月22日)


posted by mizya at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。