2011年05月05日

オサマ・ビン・ラデン暗殺から3題

Mofazがイスラエルにハマース指導者たちの暗殺を増加させるよう促す

2011年05月03日

ナザレ、(PIC)-- イスラエル軍の元大臣、Shaul Mofazは、米国がパキスタンでアル・カーイダ指導者、オサマ・ビン・ラデンを首尾よく殺戮した後、ネタニアフ政権に、パレスチナ抵抗勢力の指導者たちに対する暗殺を増加させるよう呼びかけてきた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

エジプトのムスリム同胞団が戦略としての暗殺を拒絶し抵抗の合法性を確認

2011年05月03日火曜日

エジプトのムスリム同胞団は、米国部隊によるオサマ・ビン・ラデン殺害への応答で、戦略としての暗殺を拒絶した。集団はまた、暴力を拒否すると同時に、いかなる国の外国による占領に対する合法的抵抗も支持すると確認した。

公式声明で、同胞団は「数年間故意に助長されてきた誤ったイメージ」を正すため、西側の政府同様人びとに「イスラームをテロリズムに関連づけるのを止める」よう呼びかけた。

「外国による占領に対する抵抗は、すべての宗教や国際協定で認可された合法的権利である」と、同胞団は声明で述べた。「合法的抵抗と無辜の人びとに対する暴力の間の線を滲ませることにより、問題を混乱させようと試みることは、シオニストロビーによる故意の策略である」。

声明によると、ムスリム同胞団は、一般的に暴力の、ことさら暗殺の使用に反対する。「彼らがどのような犯罪を犯したとしても、わたしたちは犯罪者たちの公正な裁判を支持する」。

同胞団は、合衆国、NATO、ヨーロッパ連合に「アフガニスタンとイラクの占領終結を発表し、パレスチナ人の合法的権利を承認すること」を緊急の問題として要求した。同胞団はまた、合衆国に、その政策に反対する人に対する諜報活動を終わらせ、アラブとムスリム諸国の国内問題に干渉するのを止めるよう要求した。

原文:Middle East Monitor

ビン・ラデンは捕らえられ裁かれるべきだったか?

2011年05月03日

Source: Reuters

* ヨーロッパの中にはビン・ラデンが裁判にふされることを願った人もいる

* 世界の警察、裁判官、死刑執行人としての米国に関する不安

* 米国の検事総長は行為が合法的で適切と語る

Erik Kirschbaum

ベルリン、5月3日 (Reuters) - 世界の指導者の多くが、アルカーイダ指導者、オサマ・ビン・ラデンを殺戮した米国の作戦に拍手喝采した一方、ヨーロッパの一部に、合衆国が警察官、裁判官、死刑執行人として振る舞うのは正しくないとの懸念があった。

米国検事総長、Eric Holderは、火曜日、合法的として行為を擁護したが、ヨーロッパの幾人かは、ビン・ラデンが捕らえら、裁判にふされるべきだったと語った。

「全く明確に国際法違反だった」と、元西ドイツ首相、ヘルムート・シュミットは、ドイツTVで語った。「作戦はまた、不穏のすべての観点で、アラブ世界に数えきれない結果をもたらすかもしれない」。

首都、ベルリンの内務大臣、Ehrhart Koertingは語った:「弁護士として、わたしはむしろ、国際刑事裁判所 (ICC) で裁判にふされる彼を見たかった」。

オランダ拠点の国際法専門家、Gert-Jan Knoopsは、ビン・ラデンが逮捕され、合衆国に引き渡されるべきだったと語った。彼は、2001年の逮捕後、ハーグの戦争犯罪法廷で裁判にふされた元ユーゴスラビア大統領、スロボダン・ミロシェビッチの逮捕との一致を引出した。

「アメリカは、彼らがテロリズムと交戦中であり、彼らの敵対者を戦場に連れだすことができると語る」とKnoopsは語った。「しかし、厳密に公式な意味で、この議論は成り立たない」。

(略)

全文:AlertNet


posted by mizya at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。