2011年05月09日

ノルウェーが統一パレスチナ支持グループに加わる

2011年05月05日

ラマッラ (Ma'an) -- 政策をやめるよう求めるイスラエルの強い圧力下、敵対していたパレスチナ党派間で、歴史的統一政策が署名された数時間後、ノルウェーは新パレスチナ自治政府支持を表明した。

北欧の国は、統一されたパレスチナ政府支持の公的呼びかけで、南アフリカとヨーロッパ社会党に加わり、パレスチナ自治政府当局に、国が年度予算で経済的支援を続けるだろうと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ロシアがパレスチナ統一政策歓迎」International Middle East Media Center

2011年05月06日金曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

ロシア外務省によりなされた声明で、ロシア政府は、専門家により運営される暫定政府形態を含む、パレスチナ国民団結と和解合意を歓迎した。

声明は、新政府がふたつの本質的問題;住民の日常生活維持と、1年以内に開催される新総選挙の準備に焦点を合わせると述べた。

パレスチナ-イスラエル会談に関し、そのような問題は、パレスチナ解放機構 (PLO) 執行委員会委員長でもあるパレスチナ大統領、マフムード・アッバスにより維持されると、ロシアは述べた。

モスクワは、協定を、パレスチナ、アラブ世界、ヨーロッパの異なる党派で会談した、エジプト、ロシアといくつかの諸国により行われた絶え間ない努力の結果とみなした。

(略)

アーカイヴ:パレスチナ統一支援 - 2題 EU社会党と南アフリカ(05月04日)


posted by mizya at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。