2011年05月09日

イスラエル軍:我々はガザ軍事作戦を新兵器実験に使用

カストリード作戦指揮官は、その兵士と武器の「理想的訓練地帯」としてのガザのイスラエルの視点について無遠慮に話す

Saleh Naami
2011年05月04日水曜日

2011-634401129441836094-183.jpg
パレスチナ人およそ1,400人とイスラエル人13人が3週間戦争で殺された

イスラエルは、2008年のガザへの戦争を、武装部隊が新兵器を実験する訓練の機会として使用したと、指名を受けたイスラエル軍幹部は明かした。

バル-イラン大学ベギン-サダト戦略業務センターでの演説で、Yoav Galant少将は、ガザが、イスラエルに深刻な負傷者を課し得る強敵を欠く「理想的訓練地帯」だったと語った。

Galantは、パレスチナ人1600人以上が殺された、2008年12月から2009年1月までのガザへのイスラエルによるカストリード作戦の作戦指揮官だった。死者の殆どは、女たちと子どもたちだった。

彼の指揮下、イスラエル武装部隊は、公然と155mm砲から発砲された白リン弾を、人口密度の高いガザ回廊に使用した。

「イスラエル軍事能力はまた、我々が最もどう猛な敵とみなすハマース(のそれ)よりはるかに強い」と、彼は語った。

(略)

全文:ahram online


posted by mizya at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。