2011年05月12日

被占領パレスチナ領域:支援業務が検問所で遅らされる

201103280850180532.jpg
Photo: Erica Silverman/IRIN
ガザ-イスラエル境界沿いのケレム・シャローム検問所で妨害される人道支援物資と商品の積荷


ラマッラ、2011年05月10日 (IRIN) - 被占領パレスチナ領域 (OPT) への人道支援物資配送は、スタッフ移動、活動の品質、範囲、持続性を傷つける厳しい制限で妨害されてきたと、国連と国際NGOは語る。

「プログラムを誘導し、監視し、実行するスタッフの移動の遅れは、実現の遅れと経費上昇を意味する」と、国連OPT人道調整官、Max Gaylardは語った。「受益者への業務は遅れ、その品質は低下した」。

OPTは、世界で最大の人道活動のいくつかを持つ。日々、支援スタッフ何千人もが、パレスチナ住民450万人とまさしく同様に、占領の物理的障害と闘っている。障害は、イスラエル複合防衛政権の一部である、およそ1,000の西岸内部の検問所、バリケード、土盛り、堀を含む。

イスラエルは、テロ攻撃からイスラエル市民の安全を保証するため、検問所が必要と語る。

インタナショナルズ(国際活動家)およそ450人を含む国連スタッフおよそ1万7000人が、OPTで、国連の9つの人道機関のために働いている。およそ1万6000人が、国連救済事業機関 (UNRWA) で働き、別の1,000人が他の国連機関で働く。国連人道問題調整事務所 (OCHA) によると、数千人のスタッフを雇う100以上の国際NGOが、何千もの国内NGOと共にOPTで働く。

国際NGOは、共同運営者を満たすことにより負う付随的費用を除いて、OPTスタッフに関する制限の費用を、毎年およそ450万米ドルと見積もる。

(略)

全文:IRIN


posted by mizya at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。