2011年05月17日

パレスチナがナクバ63周年記念

2011年05月12日木曜日

独占写真

ガザのイスラーム大学は、ナクバ(パレスチナ大災厄)63周年を記念する、彼らの土地からの、繁栄の村々からの、騒がしい都市からの、パレスチナ人の強制移住と追放が描写された様々な写真と漫画の展覧会を主催した。ナクバで、パレスチナ人が被った全国的大虐殺、殺戮、テロリズムは、今日のパレスチナの物理的・社会的景色に永続的影響をもたらしてきた。

子どもたちは、パレスチナの子どもたちすべての、彼らの両親や祖父母の家への帰還権を意味するプラカードと大きな鍵を掲げ、ガザ国連本部からイスラーム大学までの象徴的行進で、展覧会を開いた。プラカードは、彼ら家族の元来の町の名「に、わたしたちは帰還する」とのメッセージを含んだ。イスラエルが、彼らのいわゆる「独立記念日」とシオニスト国家、イスラエル設立を祝った時、子どもたちは、伝統的パレスチナの衣装をまとい、「わたしたちは帰還する」と書かれた鉢巻きを着け、パレスチナ旗を振った。

(略)

全文と画像7点:Middle East Monitor


posted by mizya at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。