2011年05月18日

パレスチナ人何千人もがイスラエルで帰還の行進

Jillian Kestler-D'Amours
The Electronic Intifada
2011年05月13日

110513-march-of-return-sized.jpg
イスラエルのパレスチナ系市民が例年の帰還行進に参加、2011年5月10日 (Jillian Kestler-D’Amours)

5月10日、国家独立を記す国粋主義的パーティとフェスティヴァルがイスラエル中で開催された時、パレスチナ人とその支持者たち数千人は、彼らの先祖の村々、家への帰還権を求めて、ガリラヤで彼ら自身の記念を開催した。

「この日は国の独立記念日だが、また、パレスチナ民衆にとってナクバの日でもある」と、行進を組織した集団、イスラエル国内強制退去者権利委員会総代、ワーキム・ワーキムは説明した。

帰還行進参加者たちは、今や14年目となる、イスラエル北部、アクレ(アッカ)から遠くないふたつの元パレスチナ村、al-Damunとal-Ruwaysの間を歩いた。両村は、ナクバで破壊された。

(略)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。