2011年05月19日

東エルサレムの衝突で受けた負傷でパレスチナの十代死す

2011年05月14日

ミラード・サイード・アイヤシュ、17歳は、金曜日、シルワン近くの暴力的衝突で、腹を撃たれた;警察は、更なるデモンストレーションが予想され、エルサレム中に大量に配備する。
Nir Hasson and Avi Issacharoff

東エルサレム、シルワン地区近くで、イスラエル治安部隊との衝突で金曜日に撃たれたパレスチナの十代は、土曜日午前、負傷で死んだ。更なるデモンストレーションを予想し、イスラエル警察が都市中に大量に配備された。

ミラード・サイード・アイヤシュ、17歳は、金曜日、腹を撃たれた直後、危篤状態で、東エルサレム、アル-ムカッサド病院に入院した。医師たちは、到着した時、彼には脈がなく既に多量に出血していたと語った。

パレスチナ活動家は、アイヤシュが、伝えられるところでは、東エルサレムのBeit Yonatan近くの警備員により撃たれたと、Haaretzに語った。左翼活動家たちは、ここ数年間緊張が高まる場所であった地区に向けて火炎瓶が投げられた後、ガードが、彼を撃ったと語った。

活動家たちは、手術で彼の傷から取り出された弾が、イスラエル国防軍兵士らと対照的に、警備員らにより支配的に使用される、ライフルでなく銃からのものだったと付け加えた。

(略)

全文:Haaretz.com

 Haaretzは、イスラエルメディアの中では「良心的」とされているが、広く読まれる英語紙としては曖昧にしておく意図も読み取れる。例えばBeit Yonatan、エルサレム界隈、あるいはパレスチナ/イスラエルを除けば、これを入植地とどれだけの人が知り得るだろう。だから関連記事が必要になる。

関連記事:「ヴィデオ:17歳が東エルサレムのナクバデモンストレーションで殺戮」Joseph Dana

(略:Haaretz記事参照)

イスラエルは、未成年者がイスラエル治安部隊に撃たれたと主張しているが、現場の目撃者と活動家たちは、シルワン中心の大入植地、Beit Yonatan周辺の民間入植者警備員により、彼が撃たれたと主張している。民衆闘争調整委員会によると、アイヤシュの腹から摘出された弾丸は、ピストルのものと認められた。このタイプの弾丸は、群衆支配状況でイスラエル警察により使用されることは殆どない。弾丸はしたがって、若者が、入植者警備員のひとりにより撃たれたという可能性を示す。

(略)


posted by mizya at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。