2011年05月19日

赤三日月社:ナクバ抗議行動でひとり死亡、182人負傷

2011年05月15日日曜日

ラマッラ (Ma’an) -- パレスチナ人ひとりが殺され、182人が負傷、そして149人が催涙ガス吸入の影響を被ったと、パレスチナ赤三日月社は、日曜日のイスラエル軍により負わされた負傷に関する詳細報告で述べた。

負傷は、赤三日月社医療関係者に扱われたもので、その範囲で記載されたと報告は述べ、ガザ回廊で最も高い負傷者数と言及した。

(略:負傷の詳細)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「ナクバを記すガザでの抗議行動で十代が殺される」Ma'an News Agency

2011年05月15日日曜日

ガザ市 (Ma'an) -- 日曜日、イスラエルとの国境、分離フェンスとエレツに向けたガザでのパレスチナ行進で、イスラエル発砲により、身元不明の18歳が殺され、他の125人が負傷した。

およそ1,000人と見積もられる集団は、1948年のイスラエル国家宣言に伴った、家々、村々からのパレスチナ人追放を記念して行進した。行進は、イスラエル境界に向かって、ガザ北部の町、ベイトハヌーンで始まった。

(略)


posted by mizya at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。