2011年05月20日

マレーシア協会がガザに向かう船への攻撃でイスラエルを非難する

2011年05月16日

images_News_2011_05_16_relief-ship_300_0.jpg

クアラルンプール、(PIC) - アマン-パレスチナ・マレーシア協会は、ガザ回廊への救援物資を運ぶためチャーターされた船に対する、月曜日のイスラエルによる攻撃を糾弾した。

協会は声明で、船が公海にあったと断言し、イスラエル砲艦がガザへの途上にある船に発砲したと述べた。

それは、砲艦が、船のコース変更、エジプト海域に向け直すよう余儀なくさせたと述べた。

協会は、そのような海賊行為が、大変に必要とされる資材を運ぶガザへの航行存続から、国際連帯船を思いとどまらせることはないだろうと確言した。

原文:The Palestinian Information Center

関連記事:「職員:マレーシア小艦隊はエジプト港埠頭につく」Ma'an News Agency

2011年05月17日火曜日

ガザ市 (Ma’an) -- マレーシア支援小艦隊は、イスラエル軍がそのガザ到達を禁じた後、アリーシュ港の埠頭についたと、火曜日、港務所長、ジャマル・アブダル-マクスード少将は語った。

エジプト当局が、エジプトとガザ間のラファ国境検問所への物資輸送の準備が整うまで、小艦隊に区域に留まるのを許すだろうと、アブダル-マクスードは語った。

(略)

それは、政権にあった20年間、パレスチナの扱いに関する西側とイスラエルの耳障りな批判家だった、85歳の火付け役、元マレーシア首相、マハティール・モハマドに指導される、Perdana財団により送られた。

(略)

 エジプト革命以来、イスラエルのガザ封鎖は意味をなさないかもしれない。それを期待して、どれほど世界はムバラク失脚を願ったことだろう。エジプト頑張れ、やっと、エジプトに旅したい気分。


posted by mizya at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。