2011年05月20日

イスラエル入植者らの襲撃 - 3題

猛り狂うイスラエル入植者らがパレスチナ村トゥバを襲う

2011年05月16日月曜日
Christian Peacemaker Teams, Operation Dove

昨夜 (5月15日) 遅く、イスラエル入植者らは、トゥバ村を襲い資産を破損し、アリ・アワド家の羊数頭を殺し、盗んだ。

トゥバのパレスチナ人たちは、徒歩で村に入り出ていった覆面の入植者7人を数え、そしてMa'on入植地の鶏小屋近く、トゥバの郊外で車2台を見たと報告した。

猛り狂う入植者らは、羊7頭を盗み、2頭を殺し、片目をなくした1頭を含む他を傷つけた。加えて入植者らは、合計4.5立米の水をたたえた水槽3基をひっくり返した。彼らは、フェンスを破壊し、格納テントとヨーグルトの大きな袋3つに穴をあけ、ヤギの囲いを破損し、離れ家の通風管を破壊した。彼らは また、ロバを放したが、後に戻ってきた。

5月15日日曜日真夜中頃、クリスチャン・ピースメーカー・チームのインタナショナルズ(国際人)は、トゥバ住人から入植者侵入を報告し、イスラエル警察にトゥバに来るよう促す助力を求める電話を受けた。警察は、そこの誰もヘブライ語で話すことができないだろうとの理由で、村に行くのを拒絶した。(略)

全文:The Alternative Information Center

ユダヤ人入植者らが被占領エルサレムのパレスチナ校を襲撃し、アル-ハリールの家屋を攻撃

2011年05月17日

被占領エルサレム、(PIC)-- イスラエル占領軍により護衛されたユダヤ人入植者らは、火曜日、被占領エルサレムの孤児のための学校を襲撃し、多くの生徒に暴行した。

パレスチナ教育省は、占領軍が、校長と副校長を逮捕したと語り、生徒3人が入植者らの攻撃で負傷したと付け加えた。

(略)

一方、ユダヤ人入植者らは、火曜日、都市郊外の多くに対する攻撃で、アル-ハリール(ヘブロン)のパレスチナ人家屋に焼夷弾を投げた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

入植者がヘブロンのナクバの日に火炎瓶で攻撃

2011年05月17日
International Solidarity Movement

IMG_6939-299x400.jpg
不法入植地キリヤトアルバの学校と攻撃された家

パレスチナ人家屋は、5月15日、ナクバの日に、ヘブロン西部の不法入植地、キリヤトアルバの入植者らにより攻撃された。

ジャマル・アブサイファンは、日曜日午後6時半頃、覆面の入植者4人が現れ、ヘブロン西部のアブサイファン家の家のひとつに向け、火炎瓶とガラス瓶を投げ始めたと、国際連帯運動 (ISM) に語った。子ども何人かを含む19人が、攻撃を受けたその家に住む。家族は、不法入植地、キリヤトアルバの宗教学校のすぐ下に位置して、家屋5棟を所有する。攻撃者らは、校庭に立っていた。

(略)

全文:International Solidarity Movement


posted by mizya at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。