2011年05月21日

レバノンの日曜日のナクバ行進の感動の拡張フィルム

maureen
2011年05月18日水曜日

‪يوم النكبة ‬ مارون الراس، ‪ حدود لبنان-فلسطين from Andrew Bossone on Vimeo.



レバノンでの日曜日のナクバ行進の19分の新ヴィデオは、その日の感動的シーンを示す。

レバノン南部へのバスに乗って、人びとはその顔にゆるやかな微笑を浮かべ談笑する。道に沿い、女は解放された南部の戦車の前でポーズする。他のものは旅行者に正しい方向を指し示す「パレスチナ、2キロメートル」と示す道路標識の前で写真を撮る。

(略)

若者たちは、彼らの故国を見ようと嬉々として国境に走る - 彼らの多くにとって、彼らが自身の眼でパレスチナを見るのは初めてだ。レバノン軍兵士たちは、彼らの何人かを追いかけ掴んで、彼らを妨げようとする。

(略)

Moe Ali Nayelが、EIの彼の記事で行進について言及した、マルセル・ハリーフェとジュリア・バトゥラスの「Wayn al-Malayeen」のサウンドトラックで伴われる - ヴィデオは、砲火によっても阻止できなかった、若者が国境に向かって石を投げるのを示す。旗とクーフィーエが有刺鉄線フェンスに掛けられ、そして男たちの集団は、国境沿いで祈り、一方他の場面は、医療関係者が負傷者の看護するのを示す。

全文:The Electronic Intifada

 祖国に未だ立つことができない彼らにとって、彼らの手が触れた石が、祖国にあると考えることは幸福に違いない。


posted by mizya at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。