2011年05月23日

イスラエル国防軍はイタマル殺人者を死刑にしたい

2011年05月20日金曜日
Dimi Reider

Haaretzは今朝、軍事検察当局が、イタマル入植地のフォーゲル家族の殺人容疑者ふたりの起訴状の準備を終え、死刑宣告を求めるつもりと報じた。Chaim Levinsonは述べる:

軍は、3月の西岸入植地、イタマルのフォーゲル一家家族5人の殺人者に、どうやら死刑を求めるらしい。これは、1990年代半ば以来、死刑を求める最初となるだろう。

そうした要求は、死刑がイスラエルで現実に執行された唯一のケースが、1962年のナチ戦争犯罪者、アドルフ・アイヒマンのものだったので、おそらく単に象徴だろう。死刑宣告は、国家の初期、時折、テロリストに対して出されたが、常に減刑された。


現在拘置の容疑者ふたりが、本当に殺人者と仮定すれば、そして、彼らが有罪と宣告されると仮定すれば - どちらもしかし確実でない - 3点が考慮されるべきだ:

(略:「容疑者ふたりが、本当に殺人者と仮定すれば」の考察なので)

全文:+972

アーカイヴ:イタマルの殺し屋は見つかったのか?(04月20日)
     :イタマル「解明」まだ不明確(04月20日)
     :社説:短絡な応答(03月22日)


posted by mizya at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。