2011年05月23日

MV Finchはまだ立ち往生させられ、供給された水が尽きる

2011年05月22日

エル-アリーシュ、5月22日 (BERNAMA) -- 人道支援を運ぶ貨物船、MV(発動機船) Finchは現在、1週間、エジプト海域のエル-アリーシュ港の外で、立ち往生してきた。そして乗船するそれらは、積み荷が荷揚げされ、陸路、ガザに輸送されるかどうか、明日知るだろう。

乗船するBernamaの記者、ファイザル・ハッサンは、クアラルンプールのマレーシア国立通信社本部に、港湾当局が船に医療支援と清潔な水を送らなかったので、状況は危機的になっていると、SMS経由で知らせた。

「わたしたちの水供給は、いつでもすぐなくなるだろう」と彼は悲嘆にくれた。

ファイザルは、MV Finchに、アリーシュ港に入り停泊を許可するかどうかの決定が、ジャカルタでの、マレーシア外務大臣、Datuk Seri Anifah Amanと彼のエジプト対応者の間での会議に依存するだろうと語った。

(略)

全文:Bernama.com

 マレーシア外務大臣の「対応者」というからには、エジプト外務大臣、ナビル・エル-アラビーの筈、ガザ封鎖終結を優先事項としていたのだから、エジプト軍と対決してきっぱり解決して欲しい。これではムバラクと変わらないではないか。と、いうわけでアーカイヴは以下。

アーカイヴ:エジプト外務大臣:ガザ封鎖終結は優先事項(03月27日)


posted by mizya at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。