2011年05月25日

イギリス国会議員団がイスラエル軍事法廷での十代の扱いを騒ぎ立てる

2011年05月23日

イスラエルの西岸軍事裁判所は、上院のふたつの会議で、イスラエル軍によるパレスチナ未成年者の拘留と判決事情の問題に焦点を合わせ討論された。
アミラ・ハス

イギリス議会の House of Commons 、下院議会で、オフェルでのイスラエル軍事裁判所について議論して後半年、それは House of Lords 、上院に取上げられた。2010年12月7日と2011年5月4日の両会議で、それぞれ、裁判所は、イスラエル軍によるパレスチナ未成年者の拘留と判決事情に関して明確に言及された。両会議で、討論は、議会議員団による訪問に続いた。

アルフ・ダブズ卿は、5月4日、上院に次の声明を出した:「上院議員のみなさん、わたしは最近、西岸を訪問しました。そこに行くのはわたしにとり初めてでした。もちろん、いかなる解決もイスラエルの安全を獲得しなければなりませんが、パレスチナの尊厳、自尊心、公正もまた獲得しなければなりません。

「訪問の一部としてわたしは、オフェルのイスラエル軍事裁判所を見に行きました。わたしは、これら法廷が管理する手法が、その領域に公正な平和をもたらす障害であると考えます。わたしたちは、軍事裁判のこのシステムにより、子どもたちがどのように扱われるのか見に行きました。毎年、およそ700人のパレスチナの子どもたちが、これら裁判所に告発され、そして、今年1月の終わりに、222人ほどが刑務所にあります。 わたしたちが訪問した裁判所で、わたしたちは、どちらも完全にうろたえているように見える14歳と15歳、彼らのひとりは涙をたたえているのを見ました。いかなることよりはるかにわたしに衝撃を与えたのは、これら若いひと - 子どもたち - が、法廷にいる間、足首の周りに鎖や足かせをしていたのを見たことでした。手錠もまた、彼らが法廷にある間外されましたが、彼らが法廷を離れる時、再びかけられました。

「これら若いひとたちが尋問される時、ヴィデオ録音、弁護士や両親の立ち会いの安全が担保されません。実際、両親が訪ねたいなら、許可が通るまで、若いひとが彼/彼女の刑に服したに違いない時まで、60日かかるかもしれません。

(略:長い)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:パレスチナの子どもたちの狩猟とオフェル刑務所での再-教育(2010年12月09日)


posted by mizya at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。