2011年05月26日

イスラエルが西岸新入植者家屋承認と、反-入植集団語る

2011年05月22日
Europe Online

イスラエル国防相、エフード・バラクが、西岸入植地、Beitar Illitで、294戸の戸建て住宅建設を承認したと、反-入植NGO、Peace Nowは、声明で語った。バラクはまた、Efrat入植地に、高齢者用住宅と商業センター建設を承認した。声明によると、地域自治体が建設許可を発行し次第、建設は始まるだろう。(略)

全文:Europe Online

 占領地、ことさら東エルサレムは建設ラッシュだ。9月の国連でのパレスチナ国家樹立を前にしてだろうか。パレスチナ国家樹立後、入植地建設は停止するのだろうか。国際社会がイスラエルに圧力をかけるのでなければ懐疑的だ。パレスチナ国家樹立後もイスラエルは「いや、パレスチナ国家樹立前に承認されていた」などといって建設を続けそうだ。少なくても、「入植地建設一時凍結」中、イスラエルは建設を続けていた。


posted by mizya at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。