2011年05月28日

スコットランド:グラスゴー地方がイスラエルの本ボイコット

スコットランド南西の地方いくつかが、イスラエル製品ボイコットを広げ、店舗にイスラエル本の英訳を扱うことを禁じる。「本をボイコットする所は、燃やす所から遠くない」と、Ron Prosor大使は語る

Yaniv Halily
2011年05月24日

ロンドン - スコットランド市民は、イスラエル本ボイコットで、アモス・オズの『愛と暗黒の物語』やデヴィッド・グロスマンの『共に走る誰か』といったイスラエルの傑作の英訳を購入できないかもしれない。

2年半前、カストリード作戦の直後、グラスゴーの西に位置するウェスト・ダンバートンシャイア地方議会は、イスラエルで生産された商品ボイコットを呼びかける法案を承認した。

法によると、議会と管轄のすべての公共団体は、イスラエルから発した商品の販売を禁じられる。

去年5月、ガザへのトルコ小艦隊への無様な襲撃に続き、議会は、イスラエル本の英訳購入と議会管轄の公立図書館でこれらの本の配給禁止を含むようボイコットを拡張した。

ウェスト・ダンバートンシャイアは、イスラエルで生産されたすべての商品ボイコット勧告発行を決定したスコットランドの大都市、ダンディーを加えた。

(略)

イスラエルはイエス、イランはノー
ヨーロッパ連合は、EUにより課された公式禁輸下にない国からの製品ボイコットを加盟国に禁ずる。

EUにより制裁が発行されるにも拘らず、イギリスでボイコットにかけられないイランと異なり、イスラエルは特別精査に「恵まれる」。

「自治体は、イスラエルで印刷された本だけで、イギリスで印刷されたイスラエル本をボイコットしないだろう」と、ウェスト・ダンバートンシャイア地方議会報道官、マルコム・ベニーは語った。

ベニーは、イスラエルが、議会によりボイコットされる唯一の国と認め、自治体が、イラン、シリアあるいはリビアから発する製品への禁止発行の意向はないと付け加えた。

「本をボイコットする場所は、燃やす場所から遠くない」と、イギリス駐在イスラエル大使、Ron Prosorは応答で語った。「議会は、議員の評判に汚点を残し、スコットランドの良き市民を恥ずかしめた」と彼は付け加えた。

(略)

全文:Ynet news.com

 読めば、これがイスラエル本のボイコットではなく、イスラエル製品のボイコットと判明する。イギリスで印刷されたイスラエルの英訳本は対象とならないのだから。だから、イギリス駐在イスラエル大使の発言は的外れだ。
 だから、アーカイヴはやはり本、イスラエル建国で、パレスチナの書籍を破壊したイスラエル。

アーカイヴ:研究者:イスラエルはパレスチナの書籍を破壊した(2010年01月31日)


posted by mizya at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。