2011年05月28日

占領ブルドーザがバーバル-アムードの様相を変える

2011年05月24日

images_News_2011_05_24_bab-al-amoud_300_0.jpg

被占領エルサレム、(PIC)-- 占領警察・兵士らの保護の下、イスラエル占領ブルドーザは、火曜日午前、被占領エルサレムのバーバル-アムード(ダマスカス門)に近い公園からオリーヴ樹の引き抜きを開始した。

占領自治体は、旧市街内外の歴史的様相の変更に、維持遂行を口実に使用する。

シオニスト自治体は、聖都にタルムードの雰囲気を与えるため、旧市街の壁近くにタルムード(口伝立法文書)公園建設の意向を発表した。

エルサレムのパレスチナ人若者は、これら行為に抗議し、抗議する若者と警察や兵士らの間ので殴り合いが突発した。パレスチナ人若者ふたりが逮捕され、サラフディーン通りの警察署に連れて行かれた。

原文:The Palestinian Information Center

 エルサレムの魅力はますます失われる。ユネスコの世界遺産、崩壊の危機にある世界遺産は、文字通り、わたしたちの目の前で瓦解していく。ヨーロッパより古い古代都市が、ヨーロッパより新しい、何だろう、都市だろうか、シオニズムを正当化する何か新奇なもの(エルサレム旧市街、ユダヤ・コーター参照)にとって替わっていく。それはわたしたちにとって損失なのだ。このままイスラエルの暴虐を許すなら、エルサレムはいずれ世界遺産から外れるだろう。
 タルムードなど世界の殆どにとってどんな意味も持たない。モーゼはユダヤ人でなくエジプト人なのだし(『モーセと一神教』参照)。


posted by mizya at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。